波動を整え、自分と動物の生活を実りあるものにしたい方のための講座開催

波動を理解すると、動物とお話ししたり、オーラから情報を読取ったり、レイキヒーリングができるようになります。人生を楽しくしましょう。

お問合せはコチラから。私から勧誘等は一切いたしません。ご安心ください。

【几案之才】オーラリーディングでヒットした四字熟語に、我々が乱れた世の中を生きる教えがつまっていた

WRITER
 
美しい言葉は清浄な心から生まれる
この記事を書いている人 - WRITER -
動物と対話するアニマルコミュニケーション、オーラの情報を読み取るオーラリーディングや手をかざしてヒーリングするレイキの普及に取り組んでいます。元々能力がある人しかできないんじゃないの?と考えている方。私もそうでした。しかし、元々誰にでもある能力なのです。そのあたりから分かりやすく、楽しく学んでいただければと思って活動しています。

今こそ我々が必要としている心構えを記した四字熟語とは

オーラを視認できないがリーディングはできる私が、今こそ我々が必要としている心構えを、約10,000あると言われる四字熟語から1つをリーディングで選んでみました。

オーラはとかく見えることが重要であるように言われていますが、一概にそうとも言い切れないことを、このリーディング結果で確認いただけると嬉しいです。しかし、オーラが見える方が羨ましくもあります。

 

四字熟語;几案之才

四字熟語:几案之才

読み方:きあんのさい

意味:美しい文章を作る才能のこと。または、その才能を持っている人のこと。「几」も「案」もどちらも机のことを示す。「机案之才」とも書く。

 

コロナ禍で人々の失言が増えているのではないか?

今回のリーディングで選ばれた四字熟語は「美しい文章」に関するものだが、ここでは少し拡大解釈して「美しい言葉」にまで対象を拡げてもみたい。

ところで、最近の「美しくない言葉」として、以下のものに心あたりがあるのではないだろうか。

「有名人は田んぼを走ったらいいんじゃないか」(森喜朗氏。2021年2月、自民党での会合で、感染拡大懸念の中おこなわれる聖火リレーについて発言)

「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります」(森喜朗氏。2021年2月、JOCの臨時評議員会で発言)

 

上記は最近の失言の一例です。コロナ禍で人々も正常ではいられないため、以前よりも失言をあげつらう傾向が強くなっているということもあるかもしれませんが、それにしても失言が多いように思います。何か失言してしまう時は、心の中に浮かんだ事をそのまま言ってしまったような時が多いかもしれません。それには、内心思っていた事をそのまま口にしてしまった場合もあれば、自分でも思ってもいないような言葉を何かのはずみで口にしてしまった場合もあるかもしれません。

 

表現したい気持ちと言葉は完全には一致しないものではありますが

基本的に人は他人に自分の気持ち、感情、考えたこと、経験したことなどを伝えたくてしかたがないものです。そこで伝えるために脳が単語を当てはめていくことになります。そうした中で表現が上手な人も、下手な人も現れます。

 

最近は「論破」という言葉をよく耳にします。支離滅裂なことをしゃべっているにも関わらず、相手を巧みに納得させてしまう(納得させないまでも言い負かす)ような言葉巧みな人もいます。これはとても悪い行為だとは思いますが。

一方で、大切な事柄を話しているのに表現力が乏しいため、話に注目してもらえない人もいます。

しかし、相手が言葉巧みだからといって、無条件でに話に乗ってはいけないですし、相手の言葉遣いが下手だからといって、話を聞く耳をもたないというのもよくないでしょう。

 

言葉の材料が悪いと脳が作り出す言葉も汚い

脳は言葉を作り出す工場で、言葉は脳という工場が作り出す製品です。そして、言葉の素になる材料は自分の気持ち、感情、考えたこと、経験したことです。

私達の心が「貪欲」、「嫌悪」、「迷い」で汚れていれば、言葉の素になる材料も当然のように汚れます。材料が粗悪であれば、脳が作り出す言葉という製品の質も当然のごとく劣化します。結果として、使うべき言葉を間違ってしまうのでしょう。使うべき言葉を間違えて失言してしまうのは、心が欲、嫌悪、迷いなどで乱れてしまっているからだと思います。

 

美しい言葉は正常で清浄な心から生まれる

要するに、正しい言葉を使える能力を身につけるためには、心の汚れを落とす必要があるかもしれません。

そして、正しく話すだけではなく、正しく聞くということも大切だと思います。巧みな言葉の上っ面に足元をすくわれないようにしましょう。人の話を聞くときは、相手が伝えたい気持ちに注意を向けてみませんか。

 

オーラ視は誰にでもできるわけではないが、オーラリーディングは誰にでもできる

私たちは「森羅万象、揺らぎの世界」に生きているのです。量子力学の世界では、エネルギーが最低状態となる絶対零度付近においてさえ、原子の振動は止まることがないと言われています。物質が振動すれば波動が出ます。その波動がオーラと言われるものです。

このオーラ。左右の視力差が大きい私はオーラの第1層である白しか見えません。しかも、薄暗くした部屋でです。皆さんも部屋を薄暗くし、白っぽい壁をバックに手をかざしてみてください。誰にでも手の指の間に白いオーラが見えるでしょう。私のオーラ視の能力はこの程度ですが、手をかざしてオーラを感じリーディングすることはできます。これは誰にでもできることです。試しに、色々なものに手をかざしてみると良いでしょう。手をかざす対象を変えると、かざした手が感じるピリピリ感が違うと思いますよ。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

アニマルコミュニケーション、オーラリーディング、レイキなどにご興味がございましたら、下もご覧ください。

 

言葉の使い方に気を付けましょう

言葉には強いエネルギーがあります。良い言葉使いは幸運を呼びますし、自分を活性化することができます。逆に汚い言葉は不幸を呼びますし、自分自身を言葉のエネルギーで傷つけることになります。

 

波動を整えることの重要性

スピリチュアルの能力を発揮するためには「ご自身の波動を整える」ことが絶対に不可欠です。その波動を整えるためには心を良い状態に保つ必要があります。執着にまみれた心のままスピリチュアルの技術をたくさん修得したところで、使いこなせるはずがありません。ボロボロの基礎の上に豪邸を建てるようなものなのです。まさに砂上の楼閣なのです。

 

オーラリーディング&レイキ・アニマルコミュニケーションのセミナー受付中

「オーラリーディング&レイキ」のセミナーを随時おひとり様から受付中です。
オーラリーディングを修得して、自分の現在についてあらゆることを診断し、より良い選択をしてみませんか。
ブログでは皆さんに分かりやすいように四字熟語を選ぶのにオーラリーディングを使っていますが、学校や仕事の選択など、未来を拓くためのリーディングができるようになります。進路の選択に困っていませんか?人生の様々な選択の場面でオーラリーディングは役立ちます。
 「アニマルコミュニケーション」のセミナーも随時お一人様から受付中です。メールによる通信教育も承っています。
愛しい愛犬・愛猫・愛鳥・その他すべての動物と対話してみませんか。
詳しくはホームページをご覧ください。

 

このブログは私のHPから引用しています

このブログは私のホームページ「波動を整えて人生を楽しくしよう」から引用しています。ぜひ、こちらもご覧ください。
アニマルコミュニケーションやレイキについて詳しく記載しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
動物と対話するアニマルコミュニケーション、オーラの情報を読み取るオーラリーディングや手をかざしてヒーリングするレイキの普及に取り組んでいます。元々能力がある人しかできないんじゃないの?と考えている方。私もそうでした。しかし、元々誰にでもある能力なのです。そのあたりから分かりやすく、楽しく学んでいただければと思って活動しています。

Comment

  1. ルナ より:

    「きあんのさい」って、音としてもとてもいい響きですね。
    言葉は脳が作り出す製品だという表現は、とてもわかりやすかったです。
    確かに、普段の言葉づかいにはその人の思考やエネルギーが乗りますよね。
    逆に、美しい言葉づかいを意識して、脳に再インストールしてもいいのかもしれませんね。

ルナ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 波動を整えて人生を楽しくしよう , 2021 All Rights Reserved.

Translate »